まおの世界修行ブログ

とある医学生が世界各地で修行しながら世界一周するブログ

アフリカ最高峰キリマンジャロ登頂!4日目〜頂上へ〜

前回の記事の続きです。まだご覧になっていない方はこちらからどうぞ↓

maonologue.hatenablog.com

 

4日目〜頂上アタック〜

23時に起床。最後にティータイムということで、ビスケットそしてココアを飲む。

頂上は気温がマイナス20度くらいらしいので、服は6枚も着込んだ。

ヒートテック2枚、フリース、ユニクロのウルトラライトダウンジャケット、マウンテンパーカー、分厚いダウンジャケットの6層構造。

 

緊張しつつも興奮に胸が高まる。真夜中0時に出発。

昨日までの道と全く違う、急傾斜の砂利道。ベースキャンプからはまっすぐに見えた道だったが、ジグザグになっており、滑らないように気をつけながら登って行く。

 

同室のジフンと一緒に登り始めたが、高山病のせいなのかペースが遅い。自分のペースを守るために追い抜いてしまい、ひたすら歩いた。ふと振り返ると、あっという間にジフンの姿は見えなくなっていた。

 

もうこの高度になると、おしゃべりなんてしている人はいない。酸素が薄くて呼吸がしづらいし、マイナス10度くらいの気温で、口も開けられないのだ。体感としては、猛吹雪のスキー場でリフトに乗っている時くらい寒い。

 

真っ暗な中、月明かりとヘッドライトの光を頼りに一歩一歩たしかめるように歩いていった。

 

次第に砂利道から大きい火山岩が連なる道に変わる。膝を高く持ち上げないと登れない。

息も上がってきて大きく口呼吸しないといけなくなってきた。

 

心臓が頑張ってる。全身に酸素と血液を届けるためにペースをあげてくれてるのを感じる。心臓を休ませなきゃ。大きい岩に荷物を立てかけて、手袋を外して水を飲む。まだ頭痛はない。気づいたら周りの景色は雪というか、凍った氷に変わっている。高度は5000mを優に超えているだろう。

 

そのまま足を進めて行くと、ようやくこの急斜面の終わりが見えてきた。

 

 

深夜4時頃、ギルマンズポイントに到着。

f:id:maoyamamoto:20180706151429j:plain

ギルマンズポイント(高度5685m)

高度は5685mで、ここから頂上のウフルピーク(5895m)までは傾斜は緩やかだが、険しい岩道が続く。手足を使って全身で登らないといけないので体力の消耗が激しかった。

 

幸いまだ頭痛はないし、高山病にはなっていないみたい。

深呼吸を繰り返して、体力的にはほぼ限界だけど、気力だけで何とか登る。

 

雪山の稜線沿いを歩く。徐々に頂上が見えてきて、同時に地平線の端も明るくなってきた。

f:id:maoyamamoto:20180706151541j:plain

 

もう頂上はすぐそこ。

こんなに綺麗な色に染まる地平線を見たことがあっただろうか。

 

f:id:maoyamamoto:20180706151719j:plain

 

そして朝の6時。

ついに。

頂上のウフルピークに到着。

f:id:maoyamamoto:20180706151058j:plain

 

やってやったぞ...という達成感が全身をじんわりと包む。

ガイドのアブーシュがハグをしてくれた。

 

f:id:maoyamamoto:20180706151554j:plain

ウフルピークにて

 

f:id:maoyamamoto:20180711003843j:plain

朝焼けに染まる氷河

 

あの時に見た朝日は人生の中でも一番に神々しくて美しい朝日だった。

f:id:maoyamamoto:20180711073458j:plain

 

f:id:maoyamamoto:20180706144508j:plain

f:id:maoyamamoto:20180706143605j:plain

みんな応援ありがとう。

 

疲れを忘れて頂上ではしゃいだせいで、そのあと軽い高山病になった(笑)

 

下山に関しては、「登った山は下りないといけない」というのが正直な感想です。

頂上に登った疲れをそのまま引きずったまま、ほとんど休まずに下山したので、登りより下山の方が数倍シンドかった。

 

真夜中から歩き始めて朝6時に頂上に着き、そこからほぼノンストップで下山して、夕方の16時までずっと歩いてました。

足がまるで鉛になったかのように無感覚になるくらい疲弊していました。

しかし、全ては今夜あるサッカーの日本代表戦を見るため。感情を無にして歩き続ける。

 

高度2700mのところまで下りてきて、オフィスが夕方には閉まって登山証明書をもらえなくなってしまうというので、そこからはレスキューカーを使って麓の1800mのところまで下りました。

 

f:id:maoyamamoto:20180706151111j:plain

無事、麓に帰還!

 


富士山にも登ったことのない僕が、ほぼ初登山でキリマンジャロに登れたことは大きな自信になったし、人生史上一番美しい絶景に出会うことができました。

 

 

もう登山は当分しないと思いますが、

これからも、自分には少し無理なんじゃ?って思うくらいの挑戦を続けていきたいと思います。

 

いつの日にか、前には絶対無理だと思っていた壁も軽々超えられるように成長できますように。

 


アフリカ最高峰キリマンジャロ登頂! Climbing Mt. Kilimanjaro  まおの世界一周修行の道

 

 

 

 

アフリカ最高峰キリマンジャロ登頂!1日目〜3日目

ジャンボ!無事キリマンジャロ登山から帰ってきたまおです。

 

登山経験も全くない自分が、アフリカ最高峰高度5895mのキリマンジャロになぜか登ることになってしまいましたが、人生で一番の景色と経験になったのは間違いないです。

 

まずは動画をご覧ください!

 


アフリカ最高峰キリマンジャロ登頂! Climbing Mt. Kilimanjaro  まおの世界一周修行の道

 

キリマンジャロって?

アフリカ大陸で最も高い山。

頂上のウフルピークは高度5895mにもなる。

f:id:maoyamamoto:20180706151457j:plain

 

 

登山道は、アイゼンを使ったりするようなテクニカルな道ではなく、一般人でも高山病に気をつけて強い意志を持って登れば制覇できるとのこと。

 

インドでは瞑想、中東ではラマダン、ヨーロッパでは巡礼をするという修行があるけど、アフリカでは修行がないな〜と思っていた僕。

 

登山なんてどちらかというと嫌いなタイプで、日本でも高尾山くらいしか登ったことはなかったのですが、

 

キリマンジャロの話を一緒に旅していた人から聞いたその瞬間から、

これは登るしかない。これこそがアフリカでの修行だ。と確信めいた気持ちを抱くようになりました。

 

6月29日から7月2日の4日間をかけてキリマンジャロを登りました。

取ったルートはマラングルートという通常5日間かかるルート。ですが、7月2日にサッカーの日本代表戦があったので、無理をして4日間で帰ってきました(笑)

かかった費用は1000ドル(会社に280ドル+入山料720ドル)+100ドル(ガイド、コック、ポーターに合計100ドルのチップ)

と、これまたアフリカ最高峰の出費でしたが、それに見合う最高の経験になったと思います。

 

1日目 

 

初日は、高度1800mの麓からスタート。高度2700mのマンダラハットという山小屋を目指す。

f:id:maoyamamoto:20180706151551j:plain

 

ジャングルに囲まれた道を3時間ほど歩いていく。

f:id:maoyamamoto:20180706143135j:plain

 

 

f:id:maoyamamoto:20180711003745p:plain

道中には猿なんかもいました。

 

出発して3時間ほどでマンダラハットという山小屋に到着。

 

f:id:maoyamamoto:20180711054129j:plain

山小屋はこんな感じ。

 

ルームメイトになった韓国人のジフンくんと仲良くなり、一緒にこれから登ることに。

f:id:maoyamamoto:20180706144410j:plain

ジフンくん

軍隊に4年もいたそうで、とても強そう。

 

高山病にならないためには

①たくさん食べる

②たくさん水を飲む

③たくさん寝る

 

ことが大事だそうな。

 

f:id:maoyamamoto:20180711003805j:plain

なのでコックが作ってくれる夜ご飯も大量ですが、頑張って全部食べる。

 

 

2日目

7時に起きて、コックが沸かしてくれたバケツに入ったお湯で顔を洗う。

もちろんお風呂などはないので、このお湯がかなりありがたい。

 

今日は3700mのホロンボハットまで向かう。11kmの道のりをおよそ6時間かけて歩く。

 

熱帯雨林の道を抜けると、だんだんと植生が変わっていく。

低い木、草が続き、火山岩の石ころも増えてきた。

f:id:maoyamamoto:20180706150834j:plain

面白い木

 

天気はあまり良くなくて、曇り。というか霧。

雲の中にいるのか、霧なのかよく分からない。

 

時折晴れると、気温は低いはずなのに直射日光がキツくて暑く感じる。上着がいらないほど。紫外線が強い影響なのか、唇も乾燥する。

 

まだ高山病の影響などはなく、6時間元気に歩いて高度3720mのホロンボハットに到着。

f:id:maoyamamoto:20180706144616j:plain

 

この高度になると、雲が自分より低い位置にあって、まさに雲海というのにふさわしい景色が見れる。

 

f:id:maoyamamoto:20180706151227j:plain

夕焼け色に染まる雲海

 

山小屋にはもちろんネット環境などなく、何もやることがないので、20時頃に消灯して就寝。

 

 

高山病の薬の影響からか、たくさん水を飲んでいるからなのか、夜に何度もトイレに行きたくなるのだけど、

トイレに向かう途中の道でふと見上げた夜空に、今まで見たこともないくらい無数の星が輝いていて感動した。

 

 

3日目

朝起きる。寒い。富士山とほぼ同じ標高だから当然といえば当然だけど。

外で水が凍っていたのでおそらく気温は零下だと思う。

 

今日は4700mのキボハットというベースキャンプまで6時間かけて登る。

お昼頃に着いて、真夜中まで休憩・仮眠した後、真夜中からいよいよ頂上アタックがスタートするという長い一日である。

f:id:maoyamamoto:20180706151715j:plain



 

歩き始めてすぐは、高さ1mくらいの植物が道のそばにたくさん生えてたけど、だんだん高度が上がるにつれて植物も小さくなっていった。

f:id:maoyamamoto:20180706151821j:plain

植物もほとんどなくなり、砂漠のような道に

 

最終的にキボハットの近く、4300mくらいで森林限界を迎えた。それ以降は砂漠というか、土と石ころ、岩のみ。

 

高山病が心配だったけど、深く呼吸して酸素をたくさん吸うように心がけていたら、結局元気なままキボハットに到着することができた。

ただ、やはりこの高度では空気は薄く、呼吸するのもしんどく感じる。

 

無事キボハットに到着して一安心。高度4720m

f:id:maoyamamoto:20180706142648j:plain

 

 

そこから見える景色は、完全に雲より上で、その上の空は雲一つない青空だった。

 

いよいよ真夜中から頂上アタック。

 

一緒に登っていた韓国人のジフンくんは、高山病の影響でひどい頭痛がするらしく、食欲もなく元気なさそうにしていた。

 

僕は幸いなことに今のところ高山病になっていないので、

緊張と興奮の入り混じった気持ちのまま、しっかり昼ご飯を食べて、真夜中まで仮眠する。

 

 

 

いよいよ頂上へ・・・(次の記事に続く)

maonologue.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

借金踏み倒します!!!

こんにちは。

現在タンザニアにいるまおです。

近況としてはキリマンジャロに無事登頂してきました。これについてはまた書きたいと思います。

 

前回のブログがエジプトについて書いた記事なのですが、それははるか1ヶ月以上前の話。。。

そこからエチオピアケニアウガンダルワンダタンザニアと来ました。最終的に南アフリカまで行く予定です。

 

そう!

つまり!

 

少なく見積もっても5ヶ国分の記事が書けていません!

 

原因は色々あると思います。

 

1. ブログの他にもSNS, Youtubeなどにも投稿しているため、ブログに投下する労力が分散されてしまっている

2. 旅が充実するほど、ブログを書く時間は少なくなるという反比例の法則

3. アフリカはWiFi環境が貧しい

4. ただ単にサボり

 

ということでこれらの借金を返すのは面倒。。。

 

踏み倒します!

 

つい最近起こったことを書くほうが自分のモチベーションが上がって、スラスラ書けると思いますので、まずはキリマンジャロ登山の記事から更新していきたいと思います!

 

エチオピアケニアとかでも本当に書きたいことが色々起こったのですが、それらまたあとで時間ができたときに少しずつ書いていこうと思います。

 

皆さんどうかあたたかい目で見守りください。

 

これからも当ブログをよろしくお願いします。

 

まお

 

エジプトの激安リゾート・ダハブ。そこには天国があった

エジプトといえば?

砂漠、ピラミッド、暑そう...って感じのイメージですよね!

 

 

そんなエジプトにビーチリゾートがあるって知ってましたか?

 

それも海の透明度、物価の安さ、どれをとっても世界トップクラス!

 

その名もダハブ!

f:id:maoyamamoto:20180622152420p:plain

赤ピンのところがダハブ

 

 

ISISなどのテロ組織がシナイ半島に多く潜伏しているので、ダハブより北側の町は治安的に危ないのですが、ダハブは全くそんなことなくゆったりとした時間が流れている静かな田舎町という感じです。

f:id:maoyamamoto:20180622010327j:plain

こんな感じに海沿いにお店が連なる

 

シナイ半島の南東側にあって、紅海に面するこの町。

旅人の間では有名で、ダイビングのライセンスが世界最安レベルで取れるのです!

 

そして、なんと1週間だけ日本から彼女が会いに来てくれたので、一緒にダイビングライセンスを取りました!

f:id:maoyamamoto:20180622010923j:plain

 

取ったのがAdvancedライセンスというもので、水深30mまで潜れるライセンス。これがあれば、世界のダイビングスポットのほとんどで潜れるそうです!

 

Deep Blue Diversというところで5日間のコース、350ドルでした。

 

f:id:maoyamamoto:20180622011231j:plain

このメンツで潜った

 

紅海は沖縄の海とかよりも透明で、ブルーの色が綺麗でした。

f:id:maoyamamoto:20180622011420j:plainf:id:maoyamamoto:20180622011406j:plain

f:id:maoyamamoto:20180622011355j:plain

ZEN under the sea

 

ダイビングの勉強以外の時間は、ダハブにあるオシャレなカフェで休憩( ´ ▽ ` )

f:id:maoyamamoto:20180622011120j:plain

ブランコから海に向かってジャンプできるよ

 

毎日「マンゴーマンゴー」を飲んでました( ´∀`)

マンゴージュースの上にマンゴーアイスを乗せたからマンゴーマンゴー!

という単純なネーミングの飲み物。150円くらいで飲めてめちゃ濃厚で美味しい。

 

f:id:maoyamamoto:20180622005800j:plain

マンゴーマンゴー

ダハブに限らず、エジプトはマンゴージュースが濃厚で果肉たっぷりなのにとても安く飲めるので、エジプトに来た際はホントオススメです。

あと、イスラム圏だからネコ天国!!

レストランで何か食べてるとすぐにネコが寄ってきてニャーンって甘えた声でご飯をねだってきます(笑)

今まで旅してきた中で一番人懐っこいネコたちだった。

 

f:id:maoyamamoto:20180622011039j:plain


イスラム教では、犬は不浄の生き物とされて嫌われてるので、エジプトとかではあまり野犬を見かけません。その代わりネコが皆に可愛がられています。コーランの中に、犬に触れたら礼拝する前に7回手を洗えって書いてある)

 

 

ダハブはご飯美味しいし、安いし、貧乏バックパッカーにとってはつかの間の天国のようなところでした。

 

f:id:maoyamamoto:20180622011249j:plain

 

夢のような1週間はあっという間に過ぎ去り、

 

アフリカ縦断に向けて再び旅は続く・・・

 

 

 

 

 

 

 

灼熱の地・エジプトで熱中症になりながら観光

こんにちは、まおです。

リアルタイムでは現在ケニアを抜けてウガンダ、さらに明日はルワンダに向かう予定です。体調を崩して時間に余裕ができて、ブログ書くモチベーションがまた上がってきたので、サクサク書いていきたいと思います!

 

エジプトのカイロでは、別のホストの家にお邪魔していました!

f:id:maoyamamoto:20180622011215j:plain

4人のエジプト人のシェアハウスにお邪魔しました

実は僕の兄も3年前に世界一周をしていたのですが、兄がエジプトで泊まったホストがこの人!

f:id:maoyamamoto:20180622011412j:plain

兄withホスト

f:id:maoyamamoto:20180622010732j:plain

僕withホスト

兄弟揃って同じホストにお世話になるなんてありがたい。

「山本家には俺の家のビザを発行したから、いつでも入国していいぜ!がっはっは!」という感じにいつもジョークを言ってくれる面白いエジプト人で、これまた良い人に巡り会いました。

 

エジプトといえばピラミッド!最高気温が40度にもなる酷暑の中、観光してきました。

f:id:maoyamamoto:20180622011007j:plain

お決まりのポーズ


近くで見ると一つ一つの石が大きい!人間よりも大きいです。

f:id:maoyamamoto:20180622005352j:plain


よく数千年も前にこんなものを建てられたなあ...

 

ピラミッドの内部のお墓にも入ってきました。(2000円もした)

 

泥棒が開けたという穴からピラミッドの内部に潜入。

f:id:maoyamamoto:20180622010816j:plain

中に入ると外と違ってひんやり。狭くて急な階段がずっと続いています。

 

階段を登りきった先には5m四方くらいの小さな部屋があって、中身が空の棺桶が置いてありました。(監視の人がいたので写真は撮れず)

 

スフィンクスにも無事ご対面。

f:id:maoyamamoto:20180622011148j:plain


気温40度の中、日陰の全くないピラミッドを観光するのはかなりしんどかったです(笑)

 

人生で一回は行きたいけど、2回目は行かなくてもいいやランキング第1位って感じのピラミッドでした。

 

その次は、エジプトのミュージアムへ。

f:id:maoyamamoto:20180622005541j:plain

スフィンクスがお出迎え

 

ゲームとかで見た石像が目の前にたくさん鎮座してる...!!

f:id:maoyamamoto:20180622010623j:plain

f:id:maoyamamoto:20180622010658j:plain

f:id:maoyamamoto:20180622005838j:plain

王様が座ってた椅子。座り心地微妙そう。

 

一生分の"エジプトっぽいもの"を見ました。現代アートとかと違って、分かりにくさは全くなく、

金ピカ!大きい!彫刻がめちゃ細かい!!

みたいな感じで王様の威厳を表すために分かりやすく迫力のあるものばかりなので、見てて楽しかったです。

 

 

今回は普通の旅行記になってしまいましたが、真面目な投稿だけじゃなくて、こういうテンポよく書ける旅の日常の記事も増やしていこうと思います!

 

ではまた!

 

 

 

僕が旅する意味が最近ようやく分かってきた

「君はどんな宗教を信じているの?」

どの国に行っても必ず聞かれる質問。

 

僕は無宗教です。運命の存在、ぼんやりとした"神様"の存在は信じているけど、特定の神を信じてはいない。

 

説明するのが面倒くさくて「I am Buddhist.」と言って逃げたり、神道と仏教を説明した上で、強くは信じていないことを説明したり。その度に、自分にとって宗教とは何なのだろうと考えさせられます。

 

旅道中で様々な宗教を信じる人に会いました。

瞑想を毎日行う修行者、五体投地しながらお参りをする仏教徒、モスクに集うイスラム教徒、十字を切りながら祈りを捧げるキリスト教徒。

敬虔に神を信仰している人もいれば、教会にほとんど行かないクリスチャンまで。

 

たくさんの人と宗教の話をして、それぞれの宗教の違いを勉強すればするほど、宗教がどれだけ人々の生活、歴史に根深く関わってきたかに驚かされ、もっともっと宗教のことを学びたいという気持ちになります。

 

 

一方、日本では宗教の話はタブー視されています。

 

第二次世界大戦に負けて、明治維新以降に国家神道を掲げて天皇を神格化したことを反省した影響からか、大多数の人が「宗教は危険だ」と宗教に無関心になってしまいました。

さらに宗教を信じるというと、なにか狂信的なオウム真理教などの事件を思い起こさせる影響もあるかもしれません。

 

葬式の時にはお経を読むし、新年には神社に参拝するけど、形骸化した儀式が行われるだけで、その意味を理解している人はほとんどいない。実際のところほとんどの日本人が無宗教と言ってもいいでしょう。

 

日本の自殺数やうつ病患者数に目を移すと、それらは驚くほど多くて、時代の変化のスピードに心がついていけなくて不安定になってしまっていることは確実だと思います。

そういう時に何か心の拠り所になる哲学とかを持っていればいいけど、持っていない人にとっては、宗教の力が果たす力は大きいと思います。

 

僕は医学部で勉強していますが、心の病気を薬が全て治せるワケなんてなくて、スピリチュアル的な側面は確実にあると思っています。

だからこそ人の心を支える宗教を学びたいと思って旅を始めました。

 

そんな日本人で無宗教の僕だからこそ、旅をしていて見えてくるもの、感じるものがあるのではないか。

最近僕にはそう思えてきました。

 

例えば、ある敬虔なムスリムの人にイスラム教のことを教わっていた時のこと。

 

イスラム教の素晴らしさ、他の宗教への論理的優越性を教えてもらって、

僕も「イスラム教って想像してたよりも緻密で、かなり優れた宗教だなあ、ムスリムの人たちも親切な人多いし、いいじゃん」と思っていました。

 

しかし、その人は話の途中で、キリスト教徒やユダヤ教徒ヒンドゥー教などの多神教を信じている人たちのことを

stupid people

と言ったのです。

アラーこそが唯一神でアラーを信じない野蛮で未開な人々に、イスラム教を教えてあげる必要があると。

 

イスラム教をいくら素晴らしい宗教だと思っているからと言って、その心の下に異教徒を見下す気持ちが見え隠れしているのが見えて、僕は気持ちがよくありませんでした。

結局、僕はイスラム教自体の他宗教を認めようとしない性質が感情的に好きになれず、イスラム教徒にはなれそうにないなと思いました。

 

その人からすれば、イスラム教を強く信じているからこその発言で、特に悪意はなかった。おそらく彼には、彼が信じる以外の宗教の話は全然頭に入ってこないと思うのです。

 

これはイスラム教だけの話でなくて、キリスト教ユダヤ教も他の宗教も程度の差こそあれ信じるものがあればバイアスがかかってしまうのは避けられないと思います。

 

だけど、特に信じている宗教がない僕からすれば、全ての宗教をほぼ中立に見ることができる。

さらに、僕はラッキーなことに世界各地を旅させてもらえている。

理解のある家族、多くの応援してくれる友人、その他もろもろの条件に恵まれているおかげで。

 

世界各地で、それぞれの宗教を信じる人に直接会って、一緒に時間を過ごすことで、宗教と生活の関わり、その人の宗教への熱量とかを肌で感じ取ることができます。

 

対照的に、インドに行っても、エチオピアに行っても、その国を出たことはよもや、その町を出たことすらない人ばかり。日々の暮らしをするお金を稼ぐだけで精一杯で、まさか海外を旅行するお金も余裕もありゃしない。

 

そういう人たちもいる中で、自分の行きたいところを旅できるって本当に幸運なことです。

その幸運に恵まれた人は得た経験を自国に持ち帰って共有しなければならないと思います。

昔から文化交流は、各地を旅する隊商によって行われてきました。それは今も同じ。

 

 

今後、宗教の力はますます重要性を増すはずです。日本人という立場を生かして、もっと深く宗教のことを学ばないといけない。

 

僕としては、時代の変化に伴って、イスラム教に代わる新しい世界宗教がそろそろ生まれてもおかしくないのではと考えています。

そんな新しい時代の節目に、人間の思想の根本を支える宗教、哲学を学ぶことは大いに重要だと思います。

 

せっかく1年近く旅できるという幸運に恵まれたのだから、旅で学んだ異国文化を伝えるという自分の役目を果たすべく、これからも楽しくパワフルに旅を続けていきたい!

それが自分にできるベスト、僕の役目だと考えています。

 

~以上、エチオピア14時間にも及ぶ長距離バスに揺られながら考えたことでした~

 

f:id:maoyamamoto:20180615010808j:plain

最後まで読んでくださってありがとうございました。

イスラム教は後出しジャンケン。だから強い

イスラム教の歴史

 まず、ユダヤ教が最初に生まれて、その1000年後にユダヤ教の律法主義的な状況に矛盾を感じたイエスキリスト教を作りました。

そしてその600年後に、神の教えが人々に伝わるにつれて歪められていると感じた神が、最後の預言者としてムハンマドを選び、イスラム教ができました。(イスラム教は教えています)

 

つまり、ユダヤ教の矛盾点を直すためにキリスト教が、キリスト教の矛盾点を直すためにイスラム教が作られたという歴史があるのです。

 

だから、イスラム教は論理的な勝負で後出しジャンケン的に強いのです。

 

「なんか日本から来たイスラム教に興味があるやつがいるらしい」という話を聞いたエジプトの高名なイスラム教の学者の家に招かれて、イスラム教の講義を受ける機会がありました。

僕がイスラム教の疑問点を質問しても、全て正確に答えを返されて、「キリスト教ユダヤ教には数多くの矛盾点があるけど、イスラム教はそんなことはない。イスラム教こそが唯一の正しい宗教だ」という話をされました。

たしかに話を聞いてみると、イスラム教は論理的に強くて、他の宗教に対する優越性を認めざるを得ませんでした。

 

他の宗教よりどこが優れてるの?

例えば、ユダヤ教キリスト教の経典である旧約聖書新約聖書には数多くのバージョンがあって、書き写しミスなどもたくさん見つかっています。一方、コーランは作られてから現在まで一文字もコピーミスがなく全て原本通りに正確に記述されているそうです。

正しい神のお告げは1つであるはずなのに、色々なパターンがあってしまうのはおかしいだろうと言って、それはユダヤ教キリスト教の格好の攻撃材料になっています。

 

また、一神教のはずのキリスト教は途中から父なる神、神の子イエス=キリスト、聖霊の三位一体説を唱えて、人間であったはずのキリストが神格化されました。これは、神の下に人間は平等であるという教えに反するし、信仰する神的存在が複数いるのも一神教としては問題があります。

なぜなら、創造主である神は唯一無二で、他の神の助け、存在を必要としないからです。

 

他にもキリストや聖母マリアの絵が描かれたりしているのも偶像崇拝だとして問題があります。

 

イスラム教は、その問題を全て解決。

アラー以外の神の存在は認めていないし、偶像崇拝を禁じるために、アラーの絵や像を作ってはいけません。神の下に平等であるため、預言者ムハンマドですら1人の人間として扱われており、崇拝することは禁じられています。(スンニ派)

 

このようにしてほとんどの他の宗教の問題点を解決しているから、僕は後出しジャンケンみたいだなと思いました。

さらに、イスラム教では、ムハンマドが最後の預言者だとされているので、これ以上新しい宗教を作って、「イスラム教の〇〇は間違っていた、俺たちこそが正しい神の教えを説く宗教だ」と主張するのは難しいのです。

 

後出しジャンケンで勝った上に、「もう勝負はここまで~!終わり!」と言っているようなもんです。

こんな宗教に論理的に勝つのは難しいでしょう。

 

僕の質問とそれに対する答え

A. なぜ神は唯一で、他の神がいることを許さないの?

Q. ある船に船長が複数いたら、その船は舵取りができなくなって沈む。

 

Q. なぜイスラム教の神は慈悲深い神のはずなのに、他の神(多神教アニミズム)を信じることを許さないような嫉妬深い神なの?

A. 神はとても優しいし慈悲深いため、他の神を信じることを許すが、その人は死後に天国に行けない。例を挙げると、ある家の主人に食べ物をもらい、給料ももらっている使用人が、主人のことをリスペクトしなかったら、主人はどう思うかということを考えると良い。

 

Q. うーん、それは論理的には正しいけど、他の宗教の側に立って考えればあちらが正しいということになるかもしれない

A. 君自身がどの宗教を選ぶかという視点で考えると、論理的に全ての宗教を比較してほしい。イスラム教が最も正しいということが分かるはず。

 

僕のイスラム教に対する考え

このように講義を受けたりイスラム教徒とたくさん会って、僕はイスラム教のイメージがすっかり変わりました。ニュースになりがちなテロ組織は、その教義をねじ曲げて聖戦だなどと主張しているだけで、自己矛盾に目を覆っているだけです。人を無差別に殺すテロを許すような宗教があるはずがないですから。

 

ただ、僕がイスラム教徒になるのかと言われると、それはないと思います。

 

論理的には正しくても、感情的に他の宗教の存在を許さない排他的な姿勢が僕には受け入れられないのです。

一神教は全て中東の砂漠地帯で生まれていますが、その厳しい環境の性質がそうさせているのかもしれません。

日本は伝統的には八百万の神を信仰する多神教ですが、それは海あり、川あり、山あり、森あり、という日本の豊かな自然が多神教に適していたからだと思います。

日本人として生まれた自分としては感情的に多神教の方が受け入れやすいなと感じます。なんせ僕の苗字、「山本」ですから。僕の祖先は山の近くに暮らしていて、たぶん山の神を信じていたのでしょう。

 

イスラム教にもスンニ派シーア派の対立など、もちろん多くの問題がありますし、その宗教を信じるのは自由だと思いますが、それこそが唯一正しい!異教徒は認めない!と独善性を主張するのは世界の多様性の事実に即していないと思います。(論理的にそう言いたくなる気持ちも分かるけど)

 

ユダヤ教キリスト教イスラム教も現在世界的な宗教となっているのは、それが作られた時代が混乱期にあった時です。

その時代の変化に合わせて、その現実に即して人々の心を捉えたものが世界宗教となって残ったのです。

 

世界がグローバル化を続けるのか保護主義に向かうのか、混乱期にある今、人々の心に平安をもたらす新たな世界宗教が作られるべき時なのではないかと思います。それがどのような形になるのかは全く分かりませんが。

 

瞑想をして学んだ大切なこと。

「この世で唯一不変なものは全てのものが変化するということ」

 

この原則に照らし合わせると、真実なんてものは変化するんだから、正しい宗教というのも時代に合わせて変化する。イスラム教が生まれて以降、1400年もそれに続く世界宗教が生まれてない今、新しい世界宗教が作られるのも遠くない未来なのかなと僕は思います。

プロフィール
id:はてなIDをここに入れる
名前・ニックネーム等

ブログの説明等

##ブログ名をここに##をフォローする